« 初詣 | トップページ | 花山椒 »

ガレット・デ・ロワ@Henri Charpentier

今日はHenri Charpentierのガレット・デ・ロワを食べました。

Dsc00950 フランスの新年を祝うお菓子だそうで、アーモンドクリームがたっぷり入っていてパイがサクサクでウマー~(o>ェ<)UゝQOO~♪

パイの中にはひとつだけフェーヴと呼ばれる小さな陶器が入っていて、切り分けて食べた時、フェーヴが当たった幸運な人は1年間その幸運が続くのだそうです。

フェーヴには、イエス像をはじめ動物、車、人形、フルーツ、キャラクターなど色々な種類があって売っているお店によって毎年シリーズ(当然、同じ年でも個々のガレット毎にシリーズの中のどのフェーヴが入っているかは当たってからのお楽しみです)があるようです。その年の思い出としてフェーヴを集めていく楽しさもあります。結構、日本でもコレクターが増えてきているみたいですよ。

ちなみに、今回食べたのはフェーヴの語源でもあるそら豆が入ったもの。

そして!!私のガレットには、そら豆がありました!!!

今年はさいさきいいぞ~

キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー

来年は、陶器が入っているのを狙ってみよう

(= ̄∇ ̄=)にぃ♪

|

« 初詣 | トップページ | 花山椒 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガレット・デ・ロワ@Henri Charpentier:

» ドンクのガレット・デ・ロワ [chibiaya日記]
元旦に入っていたロビンソン春日部の広告。 そこにガレット・デ・ロワの写真が… ア [続きを読む]

受信: 2006年1月 4日 (水) 17時00分

« 初詣 | トップページ | 花山椒 »