« 品川でモロッコ風スープ@スープストック東京 | トップページ | 銀座でチョコレートケーキ@ドルチェ ファブリカ »

東銀座で牡蠣尽くし@銀座 楸(ヒサギ)

満足度:★★★★
利用用途:ディナー

東銀座の駅から竹富島へ向かう途中にある活牡蠣の銀座 楸(ヒサギ)へ。竹富島へ行く道すがらいつも行ってみたいと思っていたお店っ!念願叶って来訪です。2Fにある店内はカウンター7席と2テーブルだけのこじんまりした感じ。カウンターに座ったので調理している姿が直に見れたのは良かったです。

さてお料理。
もちろん、アラカルトの注文もできるのですが、初来訪ということもありコースにしました。

コースは下記の3種類
・ 牡蠣のチーズホンデュ(このお店名物)が入ったもの
・ 牡蠣の土手鍋が入ったもの
・ 牡蠣シャブが入ったもの

今回は牡蠣シャブが入ったコースをチョイスです。

プレミアムモルツをグビグビ飲みながら待っているとコースのスタートです!

Photo_2まずは前菜として『牡蠣のマリネと野菜のエス カベージュ』。色々な野菜と牡蠣が程好く漬かっていてとても美味しい。お皿に散りばめられたドライブルーベリーの甘酸っぱい果実味が料理をさらに引き立てる一品。
    
続いてそれぞれ産地の異なる『活牡蠣5種』の登場です。5
レモンのみで生牡蠣そのもののお味を堪能する一皿。それぞれの牡蠣の産地を説明してくれたのですが、そんな短時間で暗記できるような高性能な頭脳を持ち合わせていない私は覚え切れませんでしたヽ(;▽;)!!ただし、味の違いは驚く程ですごーーく脳にインプットされましたよ!!
一番大きかった岩牡蠣は野趣溢れる個性的な味だったし、アッサリしたものやミルキーなもの大きさも形も様々でこんなに食べ比べた事が無かったのですごく衝撃的でした。ちなみに私は門司産のものが好みだったかな。

三番手は『牡蠣と活蛸とズワイ蟹のしゃぶしゃぶ』。ポン酢ではなく醤油をバルサミコ酢で割ったもので頂きます。ほんのり果実の甘みがあるバルサミコ醤油と牡蠣がとっても好相性ヾ(>▽<)ゞウレシイ♪
Photo_24 Photo_38
さっとシャブシャブしたタコの身は甘く、特に大きな吸盤部分はプリプリ&シコシコ。こちらは塩でアッサリ頂きます。ついでに白子も追加しちゃったんですが、これがまた最高に美味しかった。臓物系の臭みがまったくなく、クリーミーで濃厚な味。口の中でバルサミコ醤油と一緒になるとこれまた「やられたっ!!」と実感(Y@▼@Y)。久しぶりにこんな美味しい白子食べました♪
ちなみに、白子と牡蠣のパンチが強すぎたせいか蟹の記憶はあまり・・・・ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

まだまだ続きます

次は『牡蠣フライ ア・ラ・モード』。
Photo_45バジルの香りがする一風変わったコールスローの上に大きな牡蠣フライが2個鎮座しているもの。一方をタルタルソースで、もう一方をトマトソースでと2種類の味が楽しめます。
ケッパーのアクセントがきいたタルタルソースでコックリとした牡蠣の味を楽しみつつ、トマトソースの酸味でさっぱり。リンゴの隠れたコールスローも揚げ物の油っこさを消してくれて名脇役^^¥

〆の前の最後の一品は『牡蠣と白子の羅臼昆布焼』
Photo_50七輪の上で焼かれた羅臼昆布に大ぶりの牡蠣が4個乗せられてきました。
焼けた昆布の良い匂いが漂い始めると、美味しさを自己主張するかのように牡蠣がぷりっぷりっに膨れてきてたまりません~!!!
ジリジリとした気持ちで待ちわびていると、お店の方が醤油と刻んだ万能 葱を牡蠣の上にかけてくれるので、その後、醤油のこげる香りが漂い始めたら食べて「OK」の合図です。

えぇえぇ、言うことありません。
昆布のダシと香りがうつった牡蠣を香ばしい醤油で食べるんですよ?
美味しくないわけないじゃないですかっ!!

そして最後の〆とは続かずに・・・
ごめんなさいっ!また白子を追加しちゃいました。
Photo_51先程の牡蠣の風味がついた昆布の上に白子がテンコ盛り。始めはでろんと平たかった白子が火が通るにつれてふっくらしてきてハリのある姿に変身♪またしても、醤油と葱をかけて風味豊かに頂きます。これについても言うことないです。写真を見て想像力を働かせてください(*´Д`)/ヽァ/ヽァ

今度こそ、〆の『牡蠣の炊き込みごはん』の登場です。Photo_52
土鍋炊かれた牡蠣ご飯は、柚子の香りが鼻腔をくすぐります。

牡蠣のエキスが御飯部分に染込んでいて(゚Д゚ )ウモォー(゚Д゚ )ウモォー(゚Д゚ )ウモォー
黒七味をかけて食べるとまた味が違ってΣ(゜ё゜)なぬ!!

食べた牡蠣の数15個以上、すべて女性の手の平ぐらいの厚みと大きさがある立派なもの。一生分とは言いませんが、この冬あまり牡蠣を食べる機会がなかったので、その分はしっかり取り返しましたね。

赤坂エクセル東急ホテルにある「ウォーターグリル OYSTER BAR」よりも、こちらの方が私は断然好きです。これだけ牡蠣を食べ続けても飽きることなく美味しく食べさせるは並大抵の苦労ではないはず、牡蠣が食べられる人(嫌いな人以外)なら、きっと牡蠣の概念を変えてもらえると思いますよ。

追記
『牡蠣のスモーク』を書くの忘れてました。
しっかりと燻された牡蠣は生にも焼きにもない旨みたっぷりでこれまた絶品でしたm(._.*)m
Photo_54

Banner_02_4

銀座 牡蠣 楸(ひさぎ)

営業時間: 12:00 ~ 14:00 / 18:00 ~ 23:00
     ランチタイム:12:00 ~ 14:00
      定休日:日曜・祝日
     Tel. 03-3289-1390
〒104-0061
東京都中央区銀座6-12-16 片桐ビルⅡ2F

銀座 牡蠣 楸(ひさぎ)

|

« 品川でモロッコ風スープ@スープストック東京 | トップページ | 銀座でチョコレートケーキ@ドルチェ ファブリカ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東銀座で牡蠣尽くし@銀座 楸(ヒサギ):

« 品川でモロッコ風スープ@スープストック東京 | トップページ | 銀座でチョコレートケーキ@ドルチェ ファブリカ »